合格の人生

2019/06/29

今日の朝礼

 

今日からお盆明けの仕事始めです。

まだ、お盆休みの会社もあると思いますので、「御霊」について考えてみましょう。

我社の価値観は、「死んだら終わり」ではなく「御霊として存在する」という考え方です。

ということは、仏教でいう輪廻転生、生まれ変わりがあることになります。

「あなたは、今回の人生で何を経験したいのか」というテーマを持って生まれていることになります。

人間は、善も悪も含んだ行動をしながら生きていますが、人生を全体的に見たとき、「合格」なのか、あるいは「不合格」なのかが、あるということです。

どうすれば、合格になるのか?それが、あなたの人生の使い方になります。

8月15日の終戦に日は、戦没者の慰霊が行われました。

靖国神社にA級戦犯が云々と報道される今日ですが、どの国でも、「自分の国のために勇敢に戦った人は、英雄として祀られる」というのが原則です。

敵・味方に分かれていたとしても、自分の国のために戦ったという点では両方とも同じです。

少なくとも、日本のために仲間や家族のために人生を使ったという意味では「合格」の人生であったと言えるでしょう。